テーブルと椅子

長年使ってきたテーブルと椅子、とうとう椅子にガタが来ました。まだ10年しか使っていないのに・・・、けどもう10年も経ったのか・・・年取ったなあ・・・。壊れてきた椅子は更改しようとママが新宿のOZONEに行ったりして、いろいろと調べていたのだけど、テーブルまで更改するとかなりの出費、テーブルはまだ使えそうなので、ならば一か八か捨てるつもりで塗装を剥がすことにした。
table-old.JPG んが、甘かった・・・ 
紙ヤスリでゴシゴシしても表面が白くなるだけで一向に地肌が出てこない。次はカンナで塗装を削ろうと試みるが、塗装が硬くて歯が食い込まない。エイ!と食い込ませると、ゴリっと地肌まで削ってしまう。ならば、と、錆落としなどで使うスクレパーを購入、しかしまたもや失敗、いくらかは剥がせるが、まばらに剥がれるので使い物にならない。途方にくれつつ少しクールダウンして、ネットでウレタン塗装の剥がし方を検索すると、エレキギターの塗装剥がしに関する苦労話が沢山出てきた。やはりヤスリで気長にやるのがよさそうだ。ホームセンターで電気サンダーを借りてきて60番の粗ヤスリでゴリゴリやることにする。
気合入れて始めるものの、塗装は何層にもなっていてきれいに剥がすのに5時間もかかった。。。おかげで手はびりびり、肩と腰はガクガク。。。周りは埃だらけ。。。コリャ本当に大変だわ。ウレタン塗装恐るべし!。パパはここでビール飲んでリタイア・・・
table-new.JPG で翌日、残りと仕上げをママが引き継ぐ。サンダーは返してしまったので、手作業で120番+400番で仕上げのヤスリかけ、延べ3時間弱、やっと天板がきれいになった。更にその次の日、ママが足の仕上げと蜜蝋ワックス塗りで2時間、やっとこさこうなった。いやーすごい時間かかったなあ。けどいいじゃん!。まったく別物のテーブルによみがえった。部屋がとても明るくなった。
ついでに捨てるつもりだった椅子も修理+塗装剥がしを試みた。こっちの塗装は薄くて、簡単に剥がせた。同様に蜜蝋ワックスを掛けると、いい感じになった。見ているとなんだか捨てるのが惜しくなってきた。
chair-new.JPG ということで、せっかくだからもうちょっと付き合うことにするかな。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です